キャッシングが内枠であれば、ショッピング枠の上限にゆとりを持って利用しましょう。

MENU

キャッシングとは?

 

名称の通り、お金を貸付するサービスです。
クレジットカードのほかにも消費者金融や銀行でも扱っていて、クレジットカードのキャッシング機能のように担保不要で純粋に現金だけを借り入れすることを「フリーキャッシング」と呼びます。

 

クレジットカードはショッピング枠キャッシング枠の設定があり、申し込み時の基本設定はキャッシング付きになっている所が多いです。
ただし、審査状況や本人の意思によってキャッシング機能なしの場合もあります。

 

つまり、発行時にキャッシングを申し込んだ記憶がなくても、クレジットカードを持っていればキャッシング機能を利用できる可能性は高いですし、カードを持っていてもキャッシング枠の付いていない場合もあります。

 

 

内枠と外枠

クレジットカードのキャッシング機能を使う際に覚えておいてもらいたいのが、キャッシング枠には内枠と外枠の2種類があることです。

 

内枠とは、キャッシング枠がショッピング枠と合算されること。外枠とはショッピング枠とは独立したキャッシング枠のことです。
以下の例をご覧ください。

 

ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円

ポイントを解説する男性

カードスペックを見ると、キャッシング機能で30万円まで借入できると思われる方もいます。
外枠であれば、そのままの考えでいいのですが、内枠は違うので注意してください。
内枠の場合はショッピング枠とキャッシング枠の合計で50万円までしか利用できません。
仮にカード発行して一度も利用したことのないカードであれば30万円のキャッシングを利用できます。
しかし、内枠で30万円キャッシングを利用するとショッピング枠の残りは20万円になってしまいます。
キャッシング機能を初めて利用する場合でも、すでにショッピング枠で40万円使っていたらキャッシングは10万円までしかできません。

 

ここで注意してもらいたいのが、限度額オーバーです。携帯代や公共料金、その他会費などをカード払いにしている場合はキャッシングを利用したことで枠が一杯になって、限度額オーバーになってしまう場合があります。

 

内枠であれば、ショッピング枠の上限にゆとりを持って利用するようにしましょう。

 

 

特性はカードローンに近い

消費者金融の一般的なフリーキャッシングは、借入する都度に審査を受ける必要があり、返済回数も任意に選択できます。
クレジットカードのキャッシング機能は、枠の中であれば何度でも借入を繰り返すことができ、返済方法は1回かリボ払いしか選べません。
サービス特性は最近流行しているカードローンに似ています。

 

便利なサービスではありますが、消費者金融の審査が通らない状況でも新規借入をできてしまうので、借金地獄にハマってしまう人も多いです。
つまり、カードキャッシングは利用者の抑止力が重要で、負のスパイラルの入口にもなり得る危険な機能でもあります。

 

クレジットカードの審査が甘いのは本当?