未成年者は学生ローンの利用は厳しく、クレジットカードを作った方が有利です。

MENU

学生ローンのメリット・デメリット

 

一般的な消費者金融の場合、20歳未満や学生の利用ができないケースが多いですが、学生ローンであれば借入もできます。
クレジットカードのキャッシング機能に比べた学生ローンのメリット・デメリットをまとめました。

 

 

未成年者はクレジットカードを作った方が有利

学生ローンは主に大学生や専門学生を対象にしていますが、未成年者の利用は厳しいです。
半数以上の学生ローンは満20歳以上でないと利用できないルールがあり、未成年者対応のところでも親権者の同意を求められます。

 

クレジットカードの場合は主に18歳以上が申込条件になり、20歳未満は親権者の同意を求められます。
親の承諾を取るにあたって、ローンよりもクレジットカードの方が言い訳しやすく借金目的とバレないメリットがあります。
学生ローンに比べてもクレジットカードの審査は緩くて10万円~30万円のキャッシング枠程度であればカード発行も簡単です。

 

 

学生ローンのメリットはスピード融資

学生ローンのポイントを解説する男性

学生ローンは規模の大きい大学の近くに店舗を構えているケースが多く、即日融資に対応してくれる業者も多数あります。
全般的に個人経営の小規模業者が多いですが、最近では来店不要全国対応の学生ローンも登場していて、必要書類を提出すれば即日振込みをしてくれるところもあります。

 

クレジットカードの場合は、すでにキャッシング機能付きのカードを持っていれば、すぐにお金を引き出せますが新規にカード発行を行ったりキャッシング枠を付ける増額審査をすると、1~3週間ほどの時間がかかります。

 

時間に余裕があるときや長期的に見ればクレジットカードに申込をした方がいいですが、すぐにお金が必要でカードキャッシングの選択肢がない場合に学生ローンは重宝します。
どちらのサービスも昔からあるもので、共存しているのは両方に需要があるからです。

 

 

なぜ学生ローンが存在するのか?

学生は社会的信用力がなく、大手消費者金融や銀行はシビアに扱っています。
そんな与信力の少ない学生だけを専門にした業者が存在する理由は、学生は意外と返済能力が高く完全な貸し倒れになるリスクが少ないからです。

 

学生でもバイトをすれば月に10万円以上稼げますし、生活費も安いため、そのへんのサラリーマンのお小遣いよりも学生の方が遊ぶお金を持っていることも珍しくありません。
学力の高い大学であれば、卒業後には大手に就職する方が多いので信用力も高いですし、いざとなれば親が弁済してくれます。

 

もちろん公務員や大企業で勤続年数の長い人の方が信頼性はありますが、審査に通りやすい人は大手に取られて小規模消費者金融には回ってきません。
小規模消費者金融は大手がやらない中で信用力の高い学生をピックアップして積極的な貸付を行っています。