キャッシング機能は借入残高が増えるほどデメリットが多くなります。

MENU

クレジットカードのキャッシング機能のメリットと注意点

 

財布の中のお金とカード

 

お金が必要な時の資金調達方法でもっとも便利で手軽なのはクレジットカードのキャッシング機能です。
キャッシング枠付きのカードさえ持っていれば、ATMを利用していつでも瞬時に現金を引き出せます。

 

金利も消費者金融と変わりないですし、審査不要で気軽に利用できます。
たかがカードから数万円引き出すだけだと簡単に考えてしまう方もいますが、キャッシング機能をキッカケに大きな借金を抱えたり、支払いを巡ってトラブルになるケースもあります。

 

新規に消費者金融や銀行のカードローンやフリーキャッシングを利用するよりもオススメできる手段ですが、注意点を理解しておく必要があります。

 

 

キャッシング機能のメリット

 

キャッシング機能とは、クレジットカードの付加サービスで、消費者金融と同様に現金を引き出すことができます。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠の範囲内であれば買い物やサービスに対しての決済ではなく純粋に現金を借入として引き出せます。
ただし、キャッシング機能の付いていない(付けない設定をしている)場合もあるので注意しましょう。

 

キャッシング機能のメリットは以下の通りです。

  • 新規カード発行でも消費者金融よりも審査が緩い
  • 発行済カードがあれば、無職など新規審査が通らない状況でも借入できる
  • 審査を受けなおす必要がなくスピーディーに借入できる
  • コンビニや銀行をはじめ利用できるATMが多い
  • リボ払いで月々の負担額を少なくできる

 

クレジットカードを持つ手

ポイントになるのは、既にカードを持っていればATMから手軽に利用できる点です。
消費者金融などから新規借入審査を受けると、収入証明を提出したり、職場へ在籍確認の電話連絡が必須になるなど審査に時間がかかり、契約手続きも必要になります。

 

最短30分のスピードキャッシングを売りにしているところでも、土日や夜間で職場の在籍確認が取れないと審査回答は翌営業日になってしまうこともあります。

 

銀行のカードローンなど、低金利で借入できる見込みがあっても至急現金が必要な場合はクレジットカードのキャッシング機能を活用するメリットが大きいです。

 

ちなみにどうしても現金が必要になった時、ショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法があります。
クレジットカード現金化と言われるやり方で、急に現金を要することになったときに活躍します。ですが落とし穴もありますので業者選びは慎重になる必要があります。

 

 

利用する際の注意点

 

キャッシング機能は限度額の範囲内であれば借入残高があっても繰り返し利用できます。
便利な部分ではありますが、借金をしている感覚を麻痺させてしまう恐怖があります。

 

もともとクレジットカードは後払い式の決済方法で、1~2ヶ月遅れでショッピング枠の支払いを行っています。
キャッシング機能の返済はショッピングの支払いと一緒になるので、買い物をしているような感覚を抱いて借金している危機感を失いやすいです。

 

基本的なことですが、キャッシングは借金ということを認識して、いざという時の最終手段として使う機会は最低限に抑えましょう。
キャッシング機能は借入残高が増えるほどデメリットが多くなります。

 

利息を侮ってはいけない

 

借金に苦しむ男性

 

一般的な金利は18%です。10万円を1年借りた場合で1万8千円で、利息は日割計算されるため5万円を1ヶ月だけ借りた場合は750円程度です。

 

もし、友人から5万円も借りた場合、すぐに返さないと信用を失いますし、食事をご馳走するなど埋め合わせをしないといけない金額です。
キャッシングを利用すれば分割払いにも対応できますし、5万円でも月に数百円程度であれば大した金額に感じないでしょう。

 

利用金額を問わず1回払いで返済すれば大きな問題にはなりません。怖いのはリボルビングによる分割払いです。
たとえば月々1万円の返済条件で5万円残高があると1万円を払って利息を差し引いた9,250円の残高が減る計算になります。翌月は4万円分の利息(600円)に減ります。
しかし、20万円になると月の利息が3千円なので1万円払っても借入残高は7千円しか減りません。

 

さらに新規借入を繰り返して借入残高を減らせない状態になると、長期的に返済額の3割以上が利息に充当されてしまいます。
キャッシングを利用したら1日でも早く完済して借入残高をリセットするようにしましょう。

 

カードによっては口座引き落とし日よりも前にATMなどで繰り上げ返済できる場合もあります。利息は日割計算なので、お金が入ってきたら1日でも早く返済した方が有利です。
借金スパイラルに陥ってしまう人は利息の計算をせずに月々の支払い額しかみないため、借入残高を減らすどころか多額の利息を払いながら借金を積み重ねてしまいます。