クレジットカードで借金を抱える人が多いのは、リボ払いに潜む甘い罠が関係しています。

MENU

リボルビング式支払い

 

クレジットカードでキャッシングした時の返済方法は一般的に一括(1回払い)とリボルビング方式の2種類から選ぶことができます。
このほかにも振込やATMなどから随時返済できるケースもありますが、クレジットカード経由のキャッシングは自動引き落としで返済する人が多くリボ払いの選択比率も高い傾向があります。
リボルビング式支払によるキャッシングは「キャッシングリボ」とも呼ばれています。

 

支払い方法

財布から現金を取り出す男性

リボルビング式支払いは均等払いを意味しています。
支払い額はカードや利用限度額、残高によって変わりますが、一般的には月々1万円に設定されています。
キャッシング枠の範囲内であれば、残高がいくらあっても月々の返済額は1万円に固定されます。(1万円未満の場合は全額)
月々の返済負担は少ないですが、借入残高が増えると月々の返済で元金の減っていく割合が少なくなるので完済までの期間が長期化して、利息負担の大きくなるトラブル事例が多数あります。

 

なお、限度額の大きいカードは、残高が一定額に達すると月々の支払いが2万円、3万円と増えていくケースもあります。

 

ショッピング枠リボとの違い

リボルビング式支払はショッピング枠でも広く活用されています。
カードにもよりますが、ショッピングリボとキャッシングリボの支払い枠は区別されています。

 

既にショッピングリボで月々1万円の支払いがあるなかで、キャッシングリボを新規利用すると月々の返済額は1万円ずつの合計2万円になります。
カードによってはショッピング枠の金利は優遇しているけどキャッシング枠の金利は利息制限法の上限になっているケースもあるので注意しましょう。

 

金銭感覚が麻痺する

クレジットカードで借金地獄に陥る人の大半はリボ払いを利用しています。
最初は無理なく利用できる計画を立てていても、月々の支払いが楽だと借金をする危機感が薄れていきます。

 

最初は結婚式の祝儀代などどうしても必要な突発的費用を調達するために利用したはずが、一度利用すると感覚が麻痺して、趣味や遊びなどの浪費でリボ払いを活用するようになってしまいます。
リボ払いは残高が残っていても枠の範囲内であれば繰り返し利用できるので、毎月残高を増やしていって、気付けば限度額一杯の借金を抱えているということも珍しくありません。

 

学生や新社会人などキャッシング枠、ショッピング枠の限度額が低い人だけではなく、社会人で一定の収入を確保している人もクレジットカードで借金を抱える人が多いのはリボ払いに潜んでいる甘い誘惑が関係しています。