クレジットカードのキャッシングは分割払いがNG!その理由とは?

MENU

分割払い

分割払いのイメージ写真

クレジットカードを使って買い物や決済をする際は支払い方法を選べます。
2回払いまでは分割手数料無料になっているカード会社が多く、1回(一括)払い、分割払い、リボ払いの3種類から選択できます。

 

クレジットカードのキャッシング機能はショッピングのような分割払いの選択肢はなく、一括払いかリボ払いしか用意されていません。
一括払いを選択した場合でも、後からリボ払いに切り替えることができます。

 

カードキャッシングで借入して分割して返済する場合は、リボルビング払いの特性をよく理解して慎重に検討するとともに早期返済を心がけてください。

 

参考記事:リボルビング式支払い

 

 

分割払いができない理由

ショッピング機能で分割払いできる理由は1つの決済が独立した扱いになっているからです。
それに対してクレジットカードのキャッシング機能は、残額が全て1つの括りになります。

 

たとえば限度額30万円で先月10万円の借入をして翌月に1万円の返済と10万円の追加借入をしたら残高は19万円になります。
商品やサービスとしてではなく貸付サービスとして提供する特性上、キャッシング機能を利用した時期に応じて、分けて考えることができません。

 

通常のキャッシングやローンであれば分割払いを利用できます。分割払いを選択できるタイプは審査不要で追加融資を受けることができません。
限度額の範囲内で借入を繰り返せるカードローンはリボ払い限定で返済方法の選択ができないタイプが主流になっています。(最低約定額を任意設定できる場合あり)

 

返済中でも審査不要で限度額の範囲内を条件に追加融資を受けて残高の変わる可能性があることが、分割払いできない最大の要因です。

 

 

ショッピング枠の分割払いを活用する

クレジットカードのキャッシング機能を使っているけど、ショッピングの大半は1回払いを選択している人も少なくありません。
携帯代、光熱費など月々の支払いは1回払いしか利用できませんが、分割やリボ払いをできるものは積極的に利用して手元の現金を増やす方法があります。

 

クレジットカード会社や限度額によっては、ショッピング機能の分割、リボ払いの金利の方がキャッシング金利より優遇していることがあります。
限度額もキャッシング機能よりショッピング機能の方が多いので、使い勝手は良いです。
リボ払いであれば、スーパーやコンビニなどで食料や日用品の購入など少額決済でも分割で支払うことができます。

 

ただし限度額が大きく、多くの買い物を分割やリボにすると残高や支払額を把握するのが難しくなり、ついつい無駄な決済をして浪費を加速させるリスクもあります。
また、カードの契約内容によってはショッピング枠の限度額よりリボ払いの限度額が低く設定されている場合があります。
ショッピング枠の分割払いを活用して手元に現金を残す場合は、限度額や契約内容の確認を行うようにしてください。