近くに提携のATMがなくてもインターネットキャッシングなら即時振込OK!

MENU

インターネットキャッシング

インターネットキャッシングは主に以下の2種類があります。

 

  • カードキャッシングの振込サービス
  • 消費者金融や銀行のフリーキャッシングのWeb完結サービス

 

インターネットキャッシングのイメージ

 

通常のカードキャッシングはATMにクレジットカードを挿入してキャッシングする流れになりますが、対応ATMが近くにない場合に、スマホやパソコンからキャッシングを申し込みすると、指定した口座に即時振込してくれるサービスです。
ネット申込できる気軽さがあり、原則振込手数料無料のメリットもあります。
クレジットカードのキャッシング機能はATM、インターネットキャッシングのほか、テレホンキャッシングもあります。

 

消費者金融や、フリーキャッシングに力を入れている銀行が行うインターネットキャッシングは、契約までWeb上で完結できる貸付サービスです。
一般的なキャッシングはWeb申込で審査まで行うことはできて、郵送や無人契約コーナーを利用した手続きが必要です。
インターネットキャッシングは、スマホやパソコンひとつで手軽に借入ができます。

 

 

周囲にバレない?

インターネットキャッシングを利用する方は、家族や同僚などにバレずに借金したい思惑を持っていることが多いです。
無人契約機や郵送を利用した手続きをした場合、契約コーナーへの出入りや郵送書類によって周囲にバレてしまうリスクがあります。
インターネットキャッシングは従来のアナログ式の手続きに比べると周囲にバレるリスクが低いです。

 

カードキャッシングの場合は、銀行やコンビニのATMとも提携しているため、カードを使ったキャッシングでも問題ありません。
ネットバンク等の振込で支払い手続きを進めたい場合に向いています。

 

ただし、借入方法を問わずカードキャッシングを利用するとカードの利用明細や月々の引き落としに反映されます。
Web明細になっていない場合や、カードの支払い額を家族にチェックされている場合は注意しましょう。

 

新規借入のインターネットキャッシングは、郵送や契約を通じてバレる心配はないですが、通常の借入審査と同様に職場への在籍確認が行われます。
利便性は高いものの、同僚にバレるリスクは通常の借入と大きな違いはありません。

 

 

通帳に履歴が残ってしまう

インターネットキャッシングのデメリットは、振込による融資になるため、通帳記入するとカード会社や消費者金融等からの振込履歴が残ってしまうことです。
口座を家族に管理されている場合は、ATMを利用したカードキャッシングや、専用カードローンを発行するキャッシングサービスを利用した方が安全です。

 

振込先がカード会社の場合は、還付金など適当な言い訳をしやすいです。消費者金融のインターネットキャッシングは取引履歴が通帳に残った時点で言い訳をするのが難しくなってしまいます。

 

通常のカードキャッシングの返済は月々のカードの支払いと一緒に行われるので、キャッシングの有無は通帳を見ても分かりませんが、入金履歴があると「これなに?」と家族から疑問を持たれてしまうので、言い訳を用意しておきましょう。