おまとめローンは最終的な返済額が減るメリットがあります。

MENU

おまとめローンってどんなもの?

「おまとめローン」とは

複数の貸金業者から行った借り入れを1つの貸金業者にまとめる資金繰り方法です。
キャッシュングやカードローンを複数の業者から利用している場合において、1社の銀行や消費者金融からまとまったお金を借り入れることで、他の貸金業者からの借り入れを全て返済する行為全般を指します。

 

非常に便利ですが、借り入れの状況によってメリット・デメリットが分かれるサービスです。
おまとめローンの特徴をしっかり確認して活用するようにしましょう。

 

 

おまとめローンの特徴

 

おまとめローンのメリット

メリット

おまとめローンのメリットは、“返済の負担が軽減できる”という点です。
ローン商品は借入額が少ないほど金利が高い傾向にあるため、少しずつ複数の貸金業者からお金を借りていると利息だけでも返済に苦労してしまいます。

 

その点一度に数百万円単位の大口で借り入れた場合、現状より高い金利が設定されることは基本的にありません。
同じ期間での返済額を比べると、おまとめローンを利用した方が最終的な返済額が抑えられる傾向にあります。

 

 

おまとめローンのデメリット

デメリット

デメリットの1つに“返済額が膨らむ”という特徴が挙げられます。
メリットでも取り上げたとおり、同じくらいの期間での返済を想定すれば利息は低くなるため、総返済額を抑えることが可能です。

 

しかし“返済が長期間に及んだ場合”は、ダラダラと利息を支払い続けなければいけません。

 

場合によっては、せっかくおまとめローンを活用したのに最終的な返済の負担が大きくなってしまう恐れもあります。
おまとめする際は必ずメリットのある返済プランと共に申し込む必要があるのです。

 

 

注意点は“総量規制”

特に消費者金融でおまとめローンを利用する際には、注意点があります。
それは“総量規制”の考え方です。
総量規制とは、貸金業者でお金を借りる際の上限金額を設定した法律です。
具体的には“年収の1/3を超える借り入れは行えない”と設定されています。

 

つまり、貸金業者を利用しておまとめローンを利用する際に年収の1/3を超える場合はおまとめできない恐れがあります。
場合によってはおまとめローンの利用に問題なくとも、総量規制を理由に追加の借り入れは行えなくなるかもしれません。
利用状況に応じて総量規制を考慮する必要があるのです。

 

 

返済計画を見直したい場合にオススメ

おまとめローンは、複数の貸金業者から行っている借り入れを1つの貸金業者にまとめる手段です。
返済の手間を削減するメリットがある一方で、返済計画がしっかりとしていなければ最終的な返済金額が膨らむデメリットが隣り合わせのサービスです。

 

しかし任意整理とは異なりブラックリストに載る心配はありません。
上手く手続きを行えば利息分だけ借金を減額しながら返済することも可能です。
しっかりとした返済計画を立てた上で、メリットがあると判断した際に有効的な返済プランなのではないでしょうか。