家計を見直し借金しなくて良い仕組みを作るには、家計簿を活用しましょう。

MENU

家計見直しの重要性

収入が増える見込みがない場合、家計の見直しが重要な役割を担います。

 

なぜなら効率的に家計を切り詰められれば、借金をしなくて済む根本的な仕組みが作れるからです。

 

また借金をする必要がなくなれば、長期的な目で見ると貯蓄も生み出せます。
もし将来的に借金の不安が見え始めているのだとしたら、早い内から家計の見直しに着手しましょう。

 

まずは家計簿を作る

家計簿で家計の見直しをするイメージ

 

家計の見直しを実行するために、まずは収支全体を管理できるような“家計簿作り”から始めましょう。
家計簿のスタイルは特別である必要はありません。
大学ノートにレシートを貼り付けておくだけでも良いです。

 

最近ではキャッシュレス決済への移行による“電子の家計簿管理”も好まれています。
家計簿の作成は面倒な印象がありますが、基本にして最も大切な取り組みです。
自分に合った家計簿のスタイルを模索していきましょう。

 

 

収支の見直し・改善のポイント

家計簿のスタイルを決定したら早速、実践的な見直しを開始します。
その際には、以下のような“見直し・改善のポイント”に注目して見直しを実践しましょう。

 

固定費から見直す

家計の見直しで最も効果的かつ改善すべき点は“固定費”です。
固定費は毎月決まって計上される費用で、家賃住宅ローンなどが挙げられます。
通信費やジムなどの月額制サービスも基本的には固定費です。
適宜プランの見直しやサービスの乗り換えを行って不要なコストをカットしましょう。

 

変動費は最後に調整

変動費は最後に節約しましょう。変動費とは、収入に応じて増減する費用です。
食費医療費交際費が変動費にあたります。
食費や医療費は収入や健康状態に応じて、大きく増減する項目です。

 

また、必要な付き合いが生じた際の交際費も節約すべきではありません。
固定費を切り詰めた上で最終的に見直す項目にすると良いです。

 

使途不明金をゼロに

固定費と変動費の見直しの阻害要因となる“使途不明金”も重要な役割を占めています。
使途不明金はその名の通り、何に使ったかわからないお金です。
可能な限りゼロにするように努めましょう。

 

使途不明金は現金とキャッシュレスのハイブリッドな家計に発生しがちなトラブルです。

  • レシートは必ず保管する
  • 口座のお金を見える化する

などの対策をする必要があります。

 

 

家計の見直しは借金の予防にもなる

コスト節約のイメージ画像

 

家計の見直しは重要な取り組みです。
効率的に家計を切り詰めることができれば貯金が生まれるため、借金をする必要がなくなります。
収入が増える見込みがないならば、少しずつ挑戦してみましょう。

 

保険・不動産・金融商品などを本格的に組み込んだ家計管理を視野に入れている場合は、ファイナンシャルプランナーの知識が役に立ちます。
資格取得を目指さなくとも、知識を付けるための活用がオススメです。

 

今一度家計見直しの時間を作って、借金のない生活を実現してみてはいかがでしょうか。