カードローンとクレジットカードのキャッシングには、こんな特性の違いがある!

MENU

カードローンとの違い

クレジットカードのキャッシング機能は、限度額の範囲内で自由に借入と返済を繰り返せます。
契約手続きは初回のみで、その後はATMから手軽に借入を繰り返す内容はカードローンと同じです。
基本ルールに共通点は多いですが、カードローンはカードキャッシング違う特性を持っています。

 

 

キャッシング機能はあくまでもクレジットカードのオマケ

キャッシング枠説明のイメージ

クレジットカードのメインはショッピング時の決済代行サービスで、キャッシング機能はオマケです。
カードローンは融資に特化した商品になります。もともとは借入専用カードを発行したことがカードローンの始まりですが、最近はカードレスタイプやキャッシュカード一体型タイプも登場しています。

 

クレジットカードのキャッシング機能は、審査によって増額できますが、新規は基本的に10~40万円ほどのキャッシング枠に設定されます。
カードローンは収入や信用情報、勤務先などの審査を行い、審査状況によっては100万円以上の高額な限度額設定ができます。

 

高額な限度額を希望する場合は、カードローンの方が有利です。
30万円程度であれば、利息収入とは別に決済手数料による収入を見込めるクレジットカードの方が新規発行審査が緩いです。

 

 

銀行系カードローンは総量規制の影響を受けない

クレジットカードのキャッシング機能消費者金融のカードローン貸金業法の影響を受けます。
総量規制によって他社の借入額との合算で年収の3分の1を超える限度額設定はできません。
また、50万円を超える限度額を希望する場合や、他社の借入を含めた合算額が100万円を超える場合は収入証明の提出が義務付けられています。

 

消費者金融は、年収の3分の1以内であれば収入証明の確認を行い、高額な限度額設定を前向きに検討してくれます。
クレジットカードのキャッシング機能は利用者の年収を問わず、収入証明の提出を伴う高額な限度額審査には消極的です。
所有しているクレジットカードによっては、50万円超えの限度額設定に応じていないこともあります。

 

銀行系カードローンは総量規制の影響を受けないため、年収3分の1を超える限度額にも対応してくれます。
他社からの借入があると新規審査はシビアですが、ひとつのカードローンに特化した使い方をして利用実績が付いていけば100万円以上の限度額設定をするも可能です。
総量規制を含めた改正貸金業法が完全施行された2010年以降に普及しましたが、昨今は高額な限度額設定が問題視されて、自主規制を強める銀行が増えています。

 

 

返済方法の違い

クレジットカードのキャッシング機能は月々の支払い時にキャッシング機能の返済分も一緒に口座引き落としされます。
カードローンも自動引き落としになる点は同じですが、通帳に独立した支払い履歴が残るため、家族に借金がバレてしまうリスクが高いです。

 

カードキャッシングは自動引き落としで返済していくのが基本ですが、カードローンはATMから随時繰り上げ返済をする方法が人気です。
一部のカードローンはATM返済専用で引き落とし口座を設定しなくても発行できるタイプがあります。
繰り上げ返済時のATM手数料無料で対応するカードローンも多いので、自分のペースで任意返済や繰り上げ返済していきたい人はカードローンの方が使い勝手が良いです。